コンドームの正しい使い方

統計によると、コンドームを正しく使うならば、失敗率は1 . 5~4.2%。でもコンドームは実際に使用する過程で、失敗率は10~15 %に達していて、コンドームは10~15。その原因は主に人々はコンドームを使うの過程の中で気付いてなかったいくつかの细微末节、避妊失敗につながる。

1、から気をつけて、コンドーム内包装エッジ裂くように引き裂くコンドームを避けるために、ハサミで類の利器を確保するため、コンドーム割れない。

2、ペニス勃起時にコンドームを持って、ペニスが相手の身体の前にコンドームを挿入して、コンドームをかけて。ペニス勃起前期で生じた精液分泌物が含まれていることと、性病病原体を起こすことができる、妊娠と性感染症の伝播。

3、コンドーム内殘留空気につながるコンドーム破裂を避けるため破裂の可能性、親指と人差し指でそっと押出コンドームの先端が袋の内の空気、込んで押さえつけコンドームの先端とともに、もう一方の手をそっと伸ばし全体のペニスにコンドームを包む。コンドームの末端の縮れ部分を確定して、外側に。

4、先端の精嚢中の空気をかけてあけてコンドームコンドームの表を見て、それを持ってはいけない、さもなくばあなたは逆につけてないの。

5、勃起のペニスに卷折部分を押し、コンドームまで更に前に向かってツイまでできない。

6、着用後を蓄える精嚢きっと空けて、その時にあまり緊張しない、きつくて射精各性の快感に影響を与える。

7、確定コンドームは性交過程できついセットはペニスの上で、もしコンドーム部分に滑り、直ちにそれをセットの回で。もしコンドーム滑って落ちて、すぐにペニスを抽出し、引き続き性交の前戴上新コンドーム。

8、するため、摩擦を減らして最もコンドームにぬって時潤滑剤がつけないすぎて、あまりが脱落しやすい。

9、射精後、ペニスは勃起時直ちにコンドームを手で押さえながら底、ペニスを完全に離れて後にコンドームを脱ぎ、ペニスと接触を避けるにはコンドームが相手の体。ずっと陰莖のソフトを引っ込めた再取、この時に取りが膣内ではコンドームが外れ、避妊失敗につながる。

じゅうを取り出して、コンドームをもう一度見て破裂があるかどうか、もし破裂応用に応急避妊措置。

男はコンドームを使って何に注意して何か注意しますか?

1、1つのコンドームは1度使うことしかできなくて、使ったコンドームはティッシュに包んで良いことを入れて、ごみの箱に入れます。

に、コンドームは、ゴムで作られ、一部の人にとって特別やすいゴムアレルギーではないにしろ、ゴムアレルギー、ゴムのも結局異物質は多かれ少なかれ、腟に対して少しの影響と子宮。ラテックスアレルギー者はコンドームを禁止する。一部の人は使用後に敏感に反応し、男子の表現を局部火照り、かゆみや刺して、深刻な時が破れ潰れ、びらんなど。

さん、コンドームの潤滑油に同じは天然体液性ホルモンの乱れ、これを引き起こす可能性がある。油性の物質を得ていなかった洗浄、長期の存在は膣内を引き起こし、膣内環境の変化をもたらし、膣酸塩基バランスが乱れ、細菌やウイルスを招きやすいの滋養を引き起こし、膣の炎症、リードして子宮腟部びらん。

4、一部の人はコンドームがもっと保険、実はこれは誤りのです。事実上、コンドームの破裂の主な原因は摩擦によると。コンドームの原因を含む破裂最も一般:時間が長すぎるや動作た猛は、使いすぎる油性潤滑剤、乾き、包装など弄开コンドーム使用鋭器。

5、コンドームは日陰の涼しい所に保管するべきで、5、コンドームは。過熱と潮の環境はコンドームが使う過程で破裂しやすい。

Fromサイト→避妊具、避妊薬、避妊法の口コミ・人気の話題