女性安全期の避妊法

正常出産適齢の女性は毎月月経いち度、今回から次回月経月経潮潮第いち日、それを次の月経週期。避妊などから考えて、女性の月経週期をそれぞれ分け出血の日、きわめて容易に妊娠の日と安全の日。安全期に確保し、「純天然」は「安全避妊具」というのが安全です。

たくさんの人はすべて知っている月がそんなに数日の安全。でも、いつも探していても、何も探していません。

実は探しても簡単に、方法はまだ1種ではありませんて、しかし探す前にその道理を理解する必要があります。

女性は毎月1つの卵を排出する。排卵日は普通は次回月経前のじゅうよん日くらい潮。卵子は卵巢排出後卵管で生存いち~に日を待つ精子受精;女子の生殖道で生存に~さんの日。卵子の前後数日間で性交は極受胎しやすい。用心のため、排卵日ご日と後よんしよ日とともに、排卵日を含むじゅうは避けること「天然」の行為。

それは、上のこれらの日以外、他の時間に妊娠しやすい、安全なはずだと言うことですが、それは安全で。特は安全期と呼ばれる。しかしこの計算もリスクが存在し、女性の週期で環境と感情の影響が大きく、一度特殊イベントが変わる。もし相手かわれど主かわらず;相手変われど主変わらず安全期に分け、保険になりすぎず、安全期は他に何種類の方法を配合して、やっと本当に安全。例えば、月経サイクル推算によって、基礎体温と子宮頸のムチン分泌などを観察する。

方法1:月経のサイクルで排卵日を推計することを推算して

この方法はまたカレンダー法と呼ばれて。

女性の排卵は2度月経の中間に発生する。にもかかわらず、月経週期が短いが、排卵日と次回月経開始の間隔時間が固定、一般的には約じゅうよん日。

安全期の推計方法は次回月経が潮の最初の日から、下のじゅうよん日は排卵日、排卵日とその前にご日と後よんしよ日を安全でない日。その他の時間は安全期間です。推薦:安全期間は避妊して、それは確かに信頼できますか?

例えば:月経期は28日、今回の月経の潮の初日ろく月に日、では次回月経が潮はろく月さんじゅう日(ろく月28日に日加)。14日間では、6月16日に排卵。排卵日とその前5日と後4日、つまり6月11~20日排卵期。その他の時間はいずれも安全期間(時には除く)で。

Fromサイト→避妊具、避妊薬、避妊法の口コミ・人気の話題